50代kurumiの自分磨き

若々しく健康な将来のために今やるべきことを頑張るブログ

数年後の見た目年齢が若くなるためにやるべきこと

ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

 

今日の記事は、老化の原因とセルフケアについてです。

 目次

 

紫外線は、体内のビタミンD生成や自律神経を整えるなどの良い効果がありますが、皮膚の老化の8割が、紫外線による光老化と言われています。

 

UVケアをしっかりするとしないとでは、数年後の見た目年齢は大きく変わると思います。

乾燥した肌は、角質層のバリア機能が低下して紫外線の影響を受けやすいため、将来若々しい肌になるためには、保湿ケアとUVケア・インナーケアが重要です。

 

紫外線は、UV-A(紫外線A波)・UV-B(紫外線B波)・UV-C(紫外線C波)の3種類があり、波長が短いほど有害作用が強くなります。

最も短い波長はUV-Cになりますが、地表に届かないため、肌にダメージを与える紫外線はUV-AとUV-Bになります。

紫外線量が多い時期は5月~9月になりますが、冬の少ない時期でもUV-Aはピーク時の2分の1程度、UV-Bは5分の1程度になるため、1年を通してUVケアが必要になります。

また、紫外線を浴びる時間が短くても、体内に蓄積されることによってできたシミが、肌に現れたりします。

 

UV-A(生活紫外線)

地上に届く紫外線の約90%で、光老化の主な原因

波長が一番長く、雲やガラスなどを透過し、肌を黒くする

真皮まで到達し、蓄積されることにより、しわやたるみになる

 

UV-B(レジャー紫外線)

表皮に影響し、日差しを浴びた数時間後に肌が赤く炎症を起こす(サンバーン)

過剰に生成されたメラニン色素が、しみやそばかすの原因となる

繰り返し浴びることにより光老化となる

 

SPF(Sun Protection Factor)

UV-Bの防御指数

「日焼け止めを使用することによって、何もしない場合の何倍の紫外線を防げるか」を示した数値

 例)日差しを浴びてから肌が赤くなるまでの時間

    日焼け止めを塗らなかった場合→20分

    SPF20を塗った場合→20分X20倍=400分

日本のSPF最大値→SPF50+

 

PA(Protection Grade of UVA)

UV-Aの防御指数

PA+・・・UVA防止効果がある

PA++・・・UVA防止効果がかなりある

PA+++・・・UVA防止効果が非常にある

PA++++・・・UVA防止効果が極めて高い

 

紫外線の影響には個人差があり、日焼け止めが肌に負担を与えることもあるため、生活シーンや自分の肌に合った日焼け止めを選び、こまめに塗ることが大切です。

 

リピートし続けているお気に入りです。

【公式】UVイデア XL プロテクショントーンアップ / 30mL / 化粧下地 / 敏感肌 / 保湿 / うるおい / ローズ / ホワイト / 無香料 / 日焼け止め / UVケア / 花粉 / SPF 50 / 人気 / ベストコスメ / 送料無料 / ラロッシュポゼ 正規品

価格:3,740円
(2022/1/14 21:05時点)
感想(374件)

 

内側からの紫外線対策

抗酸化作用がある栄養素を摂取

ビタミンC

パプリカ・ブロッコリー・ケール・芽キャベツ・レモン・アセロラ・キウイなど

ビタミンE

ごま・アーモンド・アボカド・大豆など

βカロテン

にんじん・ニラ・春菊・かぼちゃなど

 

今日は、ホットサラダを作りました。

オリーブオイルで蒸し焼きにして、岩塩とブラックペッパーで味付けしただけの簡単料理です。

f:id:kurumirose:20220114203805j:plain

食材
鶏もも肉ブロッコリー・パプリカ・にんじん・大根・長ネギ

 

 

クリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんログ村

にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ
にほんブログ村